本文へジャンプ

お知らせ

2018-01-01新年のご挨拶

年頭にあたり、謹んで新春のお慶びを申し上げます。
 常日頃から神戸税理士協同組合の組合事業に格別のご理解とご協力を賜り、衷心より感謝申し上げます。
 今年は持続的な景気回復が見込まれ、皆様方の事務所運営も順調に推移する年となることを願っております。
   さて、今年は「110作戦」を事業目的とし事業活動を展開しております。事業収入総額110百万円、優績営業職員彰者数を110名、税理士代理店表彰店数を110店、近畿税理士企業共済会の受取手数料収入の対前年伸展率を110%、全国税理士共栄会の受取手数料収入の対前年伸展率を110% の5項目について、目標達成に向けて事業活動を展開しております。
 組合の事業収入110百万円の目標を今年は達成したいと努力しているところです。近畿税理士企業共済会、全国税理士共栄会ともに、現在のところ順調に推移しており、さらに業務推進を進めているところです。 昨年9月から11月にかけてのVIP大型総合保障制度の第32回全国統一キャンペーンにおいては、 速報数字では残念ながら表彰者数を伸ばすことができず、昨年並みのようです。
 支所での活動のための支所費に加え、広報等PR費、事業のPR活動費を加えることで、より多くの活動費を支を通じて税理士会支部が使えるように、引き続き努力していく所存です。
 結びにあたり、税理士界の更なる発展を願うとともに、組合員の皆様方にとって良き年になりますことを祈念し、新年のご挨拶といたします。

                                                                                                            理事長  橋本 恭典

ページトップへ